• HOME
  • レビュー
  • 旅行や出張に最適!超コンパクトなのに61W出力のUSB充電器「RAVPower RP-PC105」レビュー

旅行や出張に最適!超コンパクトなのに61W出力のUSB充電器「RAVPower RP-PC105」レビュー

最近ではスマートフォンだけでなくパソコンやワイヤレスイヤホン、カメラなどでもUSB Type-Cを採用する製品が増えてきました。私が普段持ち歩いているデジタルガジェットもほとんどがType-Cで揃いつつあるので、「高出力でコンパクトなUSB充電器を用意すれば、旅行や出張の荷物を減らせるかも?」と思って探していたところ、最近発売されたRAVPowerの「RP-PC105」という製品がかなり良さげ。気になったので早速買って使ってみました。


「RP-PC105」はUSB Type-CとUSB Aの給電ポートを1つずつ備えた、最大61W出力のUSB PD対応充電器です。しかし、Amazonで注文して届いた商品のパッケージ(写真右)を見てびっくり。えっ、こんな小さいの……?商品間違えてない……?


どうやら間違いではないようです。左のスマートフォン(Pixel 3a)と見比べるとなんとなく想像できるかと思いますが、約65×65×31mmとかなりの小ささ。


折りたたみ式のプラグを採用しているので他の荷物に引っかかる心配もなく、よりコンパクトに持ち運べます。


Type-C経由では最大61WのUSB PD、USB A経由では最大5V/2.4Aとなります。2ポート同時に使う場合は45W+12Wが上限となりますが、45WあればノートPCの充電もほぼOKなので困るケースは少ないでしょう(これが30Wとかだと、機種によっては充電できないので……)。


購入後、さっそく旅行に持って行きましたが、PC用のかさばる充電器を置いていけるのはやはり良いですね。普通のスマートフォン用2ポート充電器と変わらないサイズの小さな充電器で、ノートPC(ThinkPad L390)もイヤホン(WF-1000XM3)もカメラ(G5X Mark II)もすべて充電できてしまうのですから大変便利です。


欲を言えば2ポートともType-Cだと持ち歩くケーブルの種類も減らせるのですが、高出力が必要な機器用のポートが決まっていたほうが便利な面もあるので、まあこれはこれで。価格も5,000円未満ですし、かなりおすすめできる周辺機器です。

「RAVPower RP-PC105」をAmazonで見る

関連記事