• HOME
  • 乗り物
  • BOSCHのe-bikeシステムラインナップ(海外/2019年9月版)

BOSCHのe-bikeシステムラインナップ(海外/2019年9月版)

日本でもTREKやBianchi、Ternなどが販売している「Bosch eBike Systems」を採用したe-bike。日本向けのドライブユニットはまだ街乗り用の「Acvtive Line Plus」とeMTB用の「Performance Line CX」だけですが、海外では他にも目的に応じたさまざまな製品が用意されています。また、ドライブユニットと組み合わせて使うコントロールユニットやバッテリーにも、日本未発売のバリエーションがあります。

この記事では、2019年9月時点での欧州向けBosch eBike Systemsのラインナップをまとめました。以下、各製品のスペックは日本仕様のものではないのでご注意ください。

ドライブユニット


まずはe-bikeの心臓部、モーターなどが詰まったドライブユニットから見ていきましょう。日本市場には、「Acvtive Line Plus」と「Performance Line CX」の2製品が投入されています。

Active Line

「Active Line」は街乗り向けの最廉価ドライブユニット。アシスト比率は最大250%、最大トルクは40Nm(いずれもTURBOモード、以下同)。ケイデンス100rpmまでアシストでき、重量は約2.9kgです。

Active Line Plus

「Active Line」は少しパワーアップした街乗り向けドライブユニット。アシスト比率は最大270%、最大トルクは50Nm、ケイデンス105rpmまでということで、若干スペックが上がっています。重量は約3.2kgです。

ちなみに、Active LineとActive Line Plusの内装変速用バージョンには、ペダルの逆回転でブレーキをかけられるコースターブレーキのオプションがあります。

Cargo Line

「Cargo Line」は、大きな荷物を運ぶカーゴバイクのためのドライブユニット。最大アシスト比率はeMTB用のものよりも高い400%で、最大トルクは75Nm。Cargo Lineから上のユニットは、120rpm以上のケイデンスに対応します。重量は約2.9kgです。

Cargo Line Speed

「Cargo Line Speed」のアシスト比率や最大トルクはCargo Lineと同等ですが、これは欧州における45km/h上限の車種(免許が必要な車種)のためのユニットです。重量は約2.9kg。

Performance Line

「Performance Line」のアシスト比率は最大300%、最大トルクは65Nm。Active LineやCargo Lineのモードは「TURBO」「SPORT」「TOUR」「ECO」の4段階ですが、Performance LineになるとSPORTモードとeMTBモードのどちらかがセットされます。重量は約3.2kgです。

Performance Line Speed

「Performance Line Speed」はCargo Line/Cargo Line Speedの関係と同じで、Performance Lineの45km/h対応版。では上限速度以外は変わらない……と思いきや、アシスト比率は最大340%、最大トルクは75Nmとまったくの別物。どちらかというと「Performance Line CX」(2020年モデル)に近いですね。

Performance Line CX

eMTB向けのPerformance Line上位版が「Performance Line CX」で、アシスト比率は最大340%、最大トルクは75Nm。旧型CXは4kg以上とかなり重かったのですが、フルモデルチェンジした2020年モデルは他製品と同等の2.9kgに軽量化されました。

コントロールユニット


速度やバッテリー残量の表示、モードチェンジなどの機能を備えるコントロールユニットも、e-bikeの表示と操作に関わる重要なパーツです。日本市場ではまず「Intuvia」が投入され、Performance Line CXと同時に「Purion」が上陸します。

Intuviaは、ディスプレイとリモコン部分が別体になっている基本のタイプ。変速タイミングを知らせる機能が付いています。Purionは小型のディスプレイと操作ボタンをひとつにまとめたモデルで、機能は一部省略。「Kiox」はサイクルコンピューターとしての機能が拡充されており、盗難対策や「Bosch eBike」アプリとの連動機能も特徴。そして、盗難防止機能を除けばIntuvia/Purion/Kioxの機能がすべて入っているのが「Nyon」。大型のカラーディスプレイを搭載する上位モデルで、ナビゲーション機能も利用できます。

このほかに、BOSCH傘下のCOBIというスタートアップ企業が手掛けた「COBI.Bike」「SmartphoneHub」という製品があり、通常のコントロールユニットの代わりにこちらを取り付けると、スマートフォンをディスプレイ代わりにして機能を拡張できます。自転車版のコネクテッドカーのような装備ですね。

バッテリー


日本向けに発売されているバッテリーは、外付けタイプの「PowerPack 300」とフレーム内蔵型の「PowerTube 500」の2種類ですが、このほかにも容量違いのバリエーションがあります。

外付けのPowerPackシリーズは「PowerPack 300」(300Wh)、「PowerPack 400」(400Wh)、「PowerPack 500」(500Wh)の3種類。内蔵型のPowerTubeシリーズは「PowerTube 400」(400Wh)、「PowerTube 500」(500Wh)、「PowerTube 625」(625Wh)の3種類です。PowerPack 300とPowerTube 400以外は、カーゴバイクなどでの利用を想定してデュアルバッテリーモードに対応しています。

関連記事