• HOME
  • ニュース
  • 実質“Xperia 1 Compact”のような新型、「Xperia 5」がIFAで発表

実質“Xperia 1 Compact”のような新型、「Xperia 5」がIFAで発表

ソニーモバイルの新型スマートフォン「Xperia 5」がIFA 2019で発表されました。Xperia 1の特徴を受け継ぎながら、一回り小さなサイズに収めたモデルです。

映画のスクリーンに近い21:9のアスペクト比を採用したシネマワイドディスプレイ、超広角・広角・望遠の3つの画角を切り替えて撮影できるトリプルカメラに瞳AF、業務用カメラのチームが監修したという本格的な映像撮影が楽しめる「Cinema Pro」、画面の縁を使って操作する「サイドセンス」機能などをXperia 1から継承。Snapdragon 855を搭載するハイエンドモデルで、スペックシートの上で劣る点は画面解像度など数点に留まっています。

最大の違いはサイズで、Xperia 1と比較すると画面サイズは6.5インチから6.1インチに縮小。Xperia 1のサイズは約167×72×8.2mm、Xperia 5は約158×68×8.2mmと小型化されています。従来の「Compact」モデルの基準であった幅65mmというラインは少し超えていますが、現行のハイエンドモデルとしては十分小さく、プレスリリースの中でもそのサイズがアピールされています。

Source: ソニーモバイルコミュニケーションズ

筆者のひとこと
Compactとは名乗っていませんが事実上の“Xperia 1 Compact”なので発売が楽しみです。21:9という特殊な比率ゆえに数値からサイズをイメージしにくいところもあるのですが、Xperia 1もかなり幅が抑えられていて片手で扱える大画面機という印象だったので、もうひと回り小さいとなるとなかなか使いやすそう。ところで、「1がフラッグシップ、10が廉価機だからその間」というのは理解できるのですが、この内容だと両者の中間というよりは限りなく1寄り、“Xperia 2”ぐらいでは……?

「Xperia 1」をAmazonで見る

関連記事