• HOME
  • コラム
  • ミニマルだけど意外と実用的、Androidホームアプリ「Niagara Launcher」を使ってみた

ミニマルだけど意外と実用的、Androidホームアプリ「Niagara Launcher」を使ってみた

たまには気分転換にAndroidスマホのホーム画面をリフレッシュしたい、でも定番のNova Launcherなどをベースに時間をかけてカスタマイズするのは面倒、何かおもしろいホームアプリはないだろうか……とPlayストアを漁っていたある日、こんなアプリが目に留まりました。まだベータ版なのですが、「Niagara Launcher」という非常にシンプルなデザインのホームアプリです。

シンプルなホームアプリ、というと最近はプリインストールされている機種も多い初心者向け、シニア向けのものをイメージされるかもしれませんが、Niagara Launcherのコンセプトはそれとは違う……というより、おそらくある程度慣れた人でないと操作を理解できません。ハイコンテクストなUIでミニマルな見た目を追求したアプリです。

ホーム画面に表示されるものは、時計、日付、天気、8つまでのお気に入りアプリ、Google検索ボタンだけ。ウィジェットの追加も一応可能で、音楽再生中などは自動で操作パネルが出現。時計、日付、天気の部分はそれぞれ対応するアプリにインテントを飛ばせるようになっています。新着メールなどがあるとアプリ名の下に通知の内容が表示されます。

お気に入り以外のアプリはどうやって開くのかというと、ホーム画面右側のインデックスを使って(左側の空白部分でも可)、スライド操作でアプリの頭文字から探せます。このときの独特の操作感が気持ち良く、慣れれば意外と素早く探せます。ただ、日本語のタイトルはすべて「#」のところに収まるので、日本語環境ではアプリ数が増えるとやや探しにくいかも……?


一般的なホームアプリの操作体系とはまったく違いますが、見た目勝負のキワモノかと思いきや意外と実用的。一味違うホームアプリを使いたい人、壁紙をしっかり見せたい人には良いのではないでしょうか。一応まだベータ版扱いとはいえ、シンプルなものだけに既に完成された雰囲気です。

「Niagara Launcher」をPlayストアで見る

関連記事