「ZenFone 6」国内発表、69,500円(税別)から。30周年記念モデルも登場

ASUS JAPANは8月20日、Androidスマートフォン「ZenFone 6(ZS630KL)」を日本向けに発表しました。価格は、6GB/128GBモデルで69,500円(税別、以下同)、8GB/256GBモデルで82,500円です。発売日は8月23日、ただし8GB/256GBのシルバーのみ8月30日となります。


ZenFone 6はSnapdragon 855を搭載するハイエンドモデルで、最大の特徴は「フリップカメラ」と呼ばれる電動の回転式カメラ。アウトカメラ・インカメラ兼用、広角・超広角のデュアルカメラ仕様となっています。

フリップカメラの採用による効果としては、前面からインカメラをなくすことで画面占有率を高めたほか、カメラを途中まで開いた状態でも使えるので自由なアングルで撮影でき、またスムーズな電動開閉を活かした自動パノラマ撮影なども可能です。また、HDR撮影を強化した「HDR++」モードや白飛びを抑えた夜景モードなど、ソフトウェアも改良されました。


ZenFone 6(ミッドナイトブラック)

ZenFone 6(トワイライトシルバー)

カメラ以外の特徴としては、Googleアシスタントの呼び出しなどさまざまな機能を割り当てられる「スマートキー」を側面に設けました。NXPのデュアルスマートアンプを搭載し、DTS:X Ultraにも対応。バッテリーは5,000mAhの大容量で、ZenFone Maxシリーズのように他の機器を充電できる「リバースチャージ」機能も備えます。


2019年はASUSが30周年を迎えるアニバーサリーイヤーということで、ZenFone 6をベースにした記念モデル「ZenFone 6 Edition 30」がASUS Store限定で販売されます。マットブラックの限定カラーに、メモリ(RAM)12GB、ストレージ512GBの最上位仕様。さらに30ヶ月の長期保証が受けられるVIPカードも付属するといった内容で、価格は103,030円です。

Source: ASUS

筆者のひとこと
ZenFone 5の後継というよりはZenFone 5Zの後継のように映りますが、これは高級路線にシフトした体制の変化の現れでしょうか。しかし、主力モデルであったミドルレンジの空席はどう埋めるのだろう……という気もしますが、そこは派生シリーズが多数あるので影響は少ないのかもしれませんね。

「ZenFone 6」をAmazonで見る

ドコモの5Gプレサービス第1回、「ラグビーワールドカップ2019」ライブビューイングの受付開始

8月21日のスマホアップデート情報。「AQUOS sense2 SHV43」など4機種

関連記事

  1. 有線LANもHDMI出力もまとめられるUSB T…

    Amazon.co.jpで、AUKEYのUSB Type-Cハブ「CB-C7…

  2. シネックスジャパンがAnkerの販売代理店に、法…

    シネックスジャパンは、アンカー・ジャパンと販売代理店契約を締結し、4月2日か…

  3. フォルダブルディスプレイ搭載ThinkPadの正…

    Lenovoは、米ラスベガスで開催される「CES 2020」で2020年の新…

  4. Android Wearスマートウォッチ「MIS…

    ビックカメラの公式通販サイト「ビックカメラ.com」で、スマートウォッチ「M…

  5. AUKEY、コンパクトなハイパワー充電器「Omn…

    AUKEY(オーキー)は、USB充電器「Omnia」シリーズを4月末から順次…

  6. サムスン、廉価版「Galaxy S10 Lite…

    サムスンは、Androidスマートフォンの新機種「Galaxy S10 Li…

  7. 「OPPO Reno3 A」発表、防水&Feli…

    オッポジャパンは、Androidスマートフォン「OPPO Reno3 A」を…

  8. 「y.u mobile」新規契約で22,500円…

    ヤマダ電機とU-NEXTの合弁会社が運営しているドコモ回線のMVNO「y.u…

PAGE TOP