• HOME
  • ガイド
  • mineoの料金プランやサービス、メリット・デメリットは?【1ページでわかる!おすすめMVNOカタログ】
mineo

mineoの料金プランやサービス、メリット・デメリットは?【1ページでわかる!おすすめMVNOカタログ】

「1ページでわかる!おすすめMVNOカタログ」は、主要MVNOの料金プランやサービス内容など、申込前に知っておきたい情報を1社につき1ページで簡潔にお伝えするコーナーです。仕様の確認や比較検討などにご活用ください。

mineoの料金

(デュアルタイプ、Aプラン) 月額料金
500MB 1,310円
3GB 1,510円
6GB 2,190円
10GB 3,130円
20GB 4,590円
30GB 6,510円

※代表的なプランの料金を記載しました。表中の金額は、キャンペーンや一定期間のみ適用される割引などを除外した通常料金です。

mineoではdocomo/au/SoftBank回線を選択でき、最も安いのはau回線の「Aプラン」。ちなみに、mineoでは音声SIMのことを「デュアルタイプ」、データSIMのことを「シングルタイプ」と呼んでいます。料金プランで珍しい点としては、音声SIMでも解約金がかからないこと。その代わり、MNP転出にのみ最低利用期間と割り増し手数料が設定されています。

手数料など 料金
初期費用 契約事務手数料3,000円+SIMカード発行料400円
解約金 無料
MNP転出手数料 11,500円(利用開始翌月から12ヶ月以内)、9,500円(それ以降)
国内通話料 20円/30秒
データチャージ 150円/100MB

mineoのオプションサービス

通話や保証などの基本的なオプションサービスは一通り揃っていますが、それ以上に独自サービスに注目。長期利用特典制度「ファン∞とく」やユーザーコミュニティ「マイネ王」、アンバサダー制度などファン層の構築に力を入れています。また、余ったデータ容量を全ユーザーで分け合う「フリータンク」というユニークな仕組みも。

mineoで買える機種

機種によって海外版だったりCPO(認定整備品)だったりと出自が不鮮明な点はイマイチですが、一応iPhoneの取り扱いがあります。Androidスマートフォンのラインナップを見ると、ファーウェイ、ASUSなどの主要な機種は一通り揃っています。

mineo

イマイチなところ

・解約金がないので手軽に試せるが、MNP転出で元の会社に戻る場合は結局解約金に近いものがかかるので注意
・アプリなどのキャリア決済ができるのはDプラン(docomo回線)だけ

おすすめポイント

・docomo/au/SoftBank回線が選べるので、どの機種でも使いやすい
・500MB~30GBの幅広い料金プラン
・サポートやユーザーコミュニティが充実

mineoは公式サイトやmineoショップなどで契約できます。

関連記事