• HOME
  • ニュース
  • 「Galaxy Note10/Note10+」発表、Noteシリーズも2サイズ展開に

「Galaxy Note10/Note10+」発表、Noteシリーズも2サイズ展開に

サムスンは8月7日(現地時間)、ニューヨークで新製品発表会「Galaxy UNPACKED 2019」を開催しました。イベントに先がけて、ここ数日に「Galaxy Tab S6」「Galaxy Watch Active2」といった新機種を立て続けに発表していましたが、いよいよ「Galaxy Note10」「Galaxy Note10+」が発表されました。

2011年から続くファブレットのGalaxy Noteシリーズは、毎年春に発表されるGalaxy Sシリーズと並ぶサムスンの2大フラッグシップモデルの一角です。Sシリーズはここ数年、無印とプラスの2サイズ展開となっていましたが、今年はNoteにも大画面の「Note10+」(6.8インチ)を設定。その分、通常の「Note10」はわずかに画面サイズを縮小して6.3インチとなりました。また、それぞれに5G対応モデルが設定されています。

どちらもS10/S10+と同様にパンチホール、つまり画面に穴を開けてインカメラを内側に置くことでベゼルレスデザインに仕上げています。右上にインカメラを置いていたS10とは少し配置が異なり、Note10はステータスバーの中央部分にインカメラがあります。

Noteシリーズのアイデンティティーとなっている専用スタイラスペン「Sペン」は今世代も健在。リモコン機能などが強化されました。カメラはS10と同じく、3つの画角を切り替えて撮影できるトリプルカメラ。インカメラはNote10/Note10+ともにシングルカメラです。

基本性能を見ると、公式サイトでは「7nmのオクタコアプロセッサー」で「2.73GHzまたは2.8GHz」という表記。この仕様からは例年通り、販売地域によってExynosまたはSnapdragonのハイエンド向けSoCを搭載することが読み取れます。メモリ(RAM)はNote10の4Gモデルのみ8GB、ほかは12GBです。バッテリー容量はNote10が3,500mAh、Note10+が4,300mAh、5Gモデルとの違いはないようです。

Source: サムスン

筆者のひとこと
S10からの流れを汲みつつ順当にNote9からのスペックアップを遂げた印象で、ある意味予想通りの内容かとは思います。ベゼルレスのすっきりしたデザイン、そして個人的には無印Note10の約168gという軽さに注目。画面サイズの近いS10+よりも軽く、S10とS10+の中間ぐらいです。サイズでNoteシリーズを敬遠していたSシリーズ派としては「今年はNote行ってみるか!」とテンションが上がりました。いや、もうS10も買っているのですが。

「Galaxy Note9」をAmazonで見る

関連記事