• HOME
  • ガイド
  • LIBMOの料金プランやサービス、メリット・デメリットは?【1ページでわかる!おすすめMVNOカタログ】
LIBMO

LIBMOの料金プランやサービス、メリット・デメリットは?【1ページでわかる!おすすめMVNOカタログ】

「1ページでわかる!おすすめMVNOカタログ」は、主要MVNOの料金プランやサービス内容など、申込前に知っておきたい情報を1社につき1ページで簡潔にお伝えするコーナーです。仕様の確認や比較検討などにご活用ください。

LIBMOの料金

(音声SIM) 月額料金
ライトプラン(200kbps) 1,180円
3GBプラン 1,580円
6GBプラン 2,180円
10GBプラン 2,980円
20GBプラン 4,680円
40GBプラン 6,580円

※代表的なプランの料金を記載しました。表中の金額は、キャンペーンや一定期間のみ適用される割引などを除外した通常料金です。

LIBMOはTOKAIコミュニケーションズが提供するdocomo網のMVNO。上記は音声SIMの料金です。新規契約から6ヶ月間は600円引きで利用できます。

手数料など 料金
初期費用 3,000円
解約金 9,500円(1年以内、音声SIMのみ)
MNP転出手数料 3,000円
国内通話料 20円/30秒
データチャージ 200円/100MB、1,000円/1GB

LIBMOのオプションサービス

通話系のオプションサービスが充実していて、よくかける上位3番号の通話料が無料になる「かけ放題ダブル」(1,300円/月)など、使い方に合ったタイプの割引方法を選べます。その他にも、「端末補償サービス」(380円/月)などを用意。また訪問サポートや、追加のSIMカードとデータ容量を分け合えるデータシェアなどのサービスもあります。

LIBMOで買える機種

取扱端末は、「AQUOS sense2」「ZenFone Max Pro(M2)」「moto g7」など人気のSIMフリーAndroidスマホを幅広く取り揃えています。SIMカードの取り付けやAPN設定を済ませた状態で配送されるので、利用開始時のハードルも低いです。

LIBMO

イマイチなところ

・店舗展開は静岡県のみ
・東海地方に地盤を持つケーブル事業者が運営母体なので、他地域ではメリット少なめ

おすすめポイント

・キッティングや訪問サポートなど、初心者向けのサービスが充実
・通信事業者としての歴史は浅くないのである程度信用できる
・固定回線などTOKAIの他サービスを使っていれば割引あり

LIBMOは公式サイトなどで契約できます。

関連記事